施工技術

施工技術

捨石荒均し作業

熟練の潜水士が各規格に準じた捨石均し作業を行います。弊社にはオレンジバケットを使用できる潜水士船がありますので、捨石投入後の天端部凹凸面の荒均し作業を効率よく行うことができます。

オレンジバケット使用時は、小型のCCDカメラを使用し、潜水士とオレンジバケットの動きを船上のカメラ用モニターで常時確認することが可能です。これによりオレンジバケットと潜水士の衝突、巻き込まれ等の災害を防止し安全性の確保と捨石均し作業の大幅な効率化を図ることができます。

大型鋼製型枠製作・設置

鉄板、各種鋼材を用いた型枠です。大型のコンクリート構造物施工に使用します。特に水中部では潮流や波の影響が大きいため、メタルフォームでは倒壊が懸念されます。弊社の型枠は型枠自体が強固なため、セパレーター等の補強材も少なく済み、コンクリート打設時の安心感は絶大です。

 💡 製作作業状況はこちら

各種ブロック据付・撤去作業

ブロック据付(水中)弊社のクレーン付き台船「第一光美」により、ヤードから海上運搬し被覆ブロック・根固ブロック・消波ブロック・ケーソンブロック・セルラーブロック等、各種ブロックの据付作業を行います。

💡 製作作業状況はこちら

 

既設構造物(水中)の破砕

水中取壊し

油圧パッカーや静的破砕材等を使用して既設構造物の撤去・取壊しを行います。

油圧コアドリルの使用してワイヤーソー使用のための貫通孔を開けることも可能です。

 

 

油圧コアドリル

岩盤の水中破砕

岩盤破砕(水中)エアブレーカーにより海底地盤の斫りを行います。水中型枠や各種ブロック等の設置時に障害となる部分を撤去するのに適しています。

 

 

鋼材の水中切断

水中切断(鋼材)エンジンウェルダー・切断機・切断棒・酸素を使用し、水中にて各種鋼材を切断します。切断作業時はアーク溶接、ガス溶接の技能講習終了者でなおかつ熟練した潜水技術を有したダイバーにて行います。

 

 

ブレーカーによる水中構造物の取壊

ブレーカーによる水中構造物の取壊水中用ブレーカーを使用します。水中に限らず、気中部での使用も可能なので作業途中の交換は必要ありません。

 

 

バックホウ+削孔機による削孔

バックホウ+削孔機による削孔バックホウに取付けた削孔機より削孔します。小型のバックホウを使用するので足場の狭い場所(防波堤など)での作業が可能です。

 

 

サンドポンプ浚渫

サンドポンプ浚渫浅い部分の浚渫に効果的です。またインペラの部分に工夫を施し、通常のサンドポンプよりも石やカキ殻による詰まりが圧倒的に少ないです。